予測せずに儲けるために

グラフ

株式投資で上手く利益が出ないパターンパターン幾つかあります。人気が出た銘柄に飛び乗って天井をつかんだり、あるいは底だと思って購入するとさらに下がるような形です。もうすぐ上がる、あるいはまだ上がると期待して外れるわけです。ところで、儲ける投資家の株の儲け方は、大抵そのような楽観的な予測はしないものです。では何をあてにするのかと言えば、チャートのようなテクニカルのデータです。株は人の心理を反映するので、常に買われすぎますし、売られすぎます。儲ける投資家はその反動のタイミングをつかむわけです。さらに有効な株の儲け方として利用するのが、移動平均線を支持線にするか抵抗線にする銘柄です。それを抜けた時に、大きく株価は動く傾向があることを知っているからです。

チャートを利用した株の儲け方は多くの人が利用しています。ということは、その裏をかく人もいるわけです。過去の値動きと同じと見せかけて異なる動きをするケースを、騙しと呼びます。これから上がるパターンと読んで買う投資家に対し、空売りで対抗するわけです。首尾よく下がれば、買った人は慌てて売り注文を出します。その結果、株価は急落することになるわけです。そのような騙しがあったとしても、慌てずに対処することが必要です。株の儲け方の基本は損失を限定することです。仕掛けたらすぐに逆指値で損切り注文を入れておくのが鉄則と言えます。心理的にも落ち着きますし、冷静に次の手を打つことができます。なにより仕掛ける資金を減らさずにすむことになります。