リスク分散の手段

紙幣

価値が不変

現金をたくさん持っていれば将来は安心かといわれれば、はっきり安心ですとはいえないのが現状です。1万円札は、国が信用をあたえているから1万円なのであり、国が破たんしてしまったら紙くず同然となってしまうのです。つまり通貨だけで資産を保有しておくのはリスクが高いことになります。もちろん、これは極端な話であり現実味のある話ではありません。日本円の価値が失われてしまうことなど、そう簡単に起きることではないのです。しかし、少しでも安定を求める投資家には忘れられないことでもあります。こういった現金特有のリスクを減らすひとつの手段として純金積立があります。純金積立は、純金を毎月少しづつ購入して純金を保有する資産保有のひとつの手段です。純金は、価値がゼロにならないものです。いくら国が破たんしたり企業が倒産をしたからといって金の価値がゼロになることはほぼありえないといえるでしょう。装飾品から機械の部品にまで加工できる純金は、太古から変わらないまさに究極の資産とも言えるのです。そのため純金積立は、株券や債券、投資信託以外に安全性の高い商品として人気があります。

ドルコスト平均法

純金積立を始めようとしても、どうやったら純金を購入できるのか、それは証券会社や貴金属業者で純金積立専用の口座を開くことができます。純金の購入ですが、毎月一定の金額を口座自動引き落としされて業者が購入してくれます。積立金額が毎月3000円なら、引き落とし日に純金を3000円分一括購入するのではなく、ドルコスト平均法という買い方で平均購入価格を低くする買い方で自動購入してくれます。また、純金価格の安い日にはスポット購入といって、電話やネット注文で大量購入する方法もあります。純金価格の安い日に多く購入することができます。また、現金に換金するときには、消費税分がプラスされて現金を振り込みしてくれます。