株式市場の活性化を担う

紙幣

IR活動を潤沢にする会社

インベスター・ネットワークス株式会社は株式に対する穴を埋めて成長してきた会社です。株式は投資家が投資するものと企業がその投資を受けることで成り立ちます。投資家は企業が成長してくれることでその配当金を受けることができ、お互いに満足する事ができます。企業と株主をつなぐ活動がIR活動ですが、これを支援する会社は企業側か投資家側どちらかにしか支援をしていないのが実態です。しかしインベスター・ネットワークス株式会社はその両方を支援する事に成功しているのです。投資家としては株なびのようなメジャーなツールをもって株式の動向を知ることができます。また企業にとっても株主の動きや比率などの統計が今後の企業戦略に役立つのです。

投資家にも企業にも味方

インベスター・ネットワークス株式会社は企業と投資家のそれぞれがほしい情報を余すことなく伝えることができている会社なのです。投資家情報も機関投資家や個人投資家、海外投資家や国内投資家などの隔たりなく、また投資信託におけるファンドの動向も同時につかむことで、リアルタイムで企業に投資家の動向を伝えることが可能になっているのです。そして投資家にとっても、インベスター・ネットワークス株式会社は欠かせない存在になっています。企業の決算情報や財務状況などIR活動で伝えるべき内容をいち早く集約し投資家分類別に配信しています。これによって機関投資家でも個人投資家でも満足できる情報を得ることができます。また双方の接点を強化する支援などを通じて株式市場の活性化も担っているのです。