セルフ年金の考え方

グラフ

日本では成人すると基本的に年金というシステムを支える事が義務になります。具体的には毎月年金を支払い、働き手から集めた年金は定年退職する世代になると受け取ることが出来ます。年金は非常に魅力のあるシステムで、これまで長い間運用が行われてきました。働けば年金を支払うことは義務であることが既に幅広い層で浸透していて、支払いを行なうのが当たり前の状況でもあります。しかしながら近年この年金というシステムの基板が揺らいできている状況があります。まず1番大きな問題として少子高齢化があります。そもそも年金というシステムは少子高齢化を想定したシステムではありません。年金システムが開始された時代というのは、子供があふれていた世代であり、高齢者の数が少ない状況でした。そのため1人の高齢者を支える働き手は複数人いて、しっかりと年金のシステムが稼働していました。しかしながら少子高齢化では1人の高齢者を支えるのに必要な働き手が2人とされていて、少子高齢化が進めば1人になるとされています。既にシステム自体は破綻しているという見方もあり、今支払っている層が必ず受け取ることが出来るかは疑問点が残ります。
年金というシステム自体は素晴らしいものではありますが、今や年金に頼れば老後が安心できるかというとそんなことはありません。そのため近年では自分の老後は自分で支えるという私設年金という考え方が普及し始めています。私設年金とは自分が老後になった時に必要な費用を、全て働ける現役時代に貯金をしておこうと言うセルフ年金システムになります。私設年金のいいところはまず自分だけを対象としているという点です。中には家族単位で行なう方もいますが、必要な費用が既に明らかで、決して貯金するのが難しいわけではありません。そして年金システムのように崩壊するという事が無いため、貰えないというリスクを少なくすることが出来ます。私設年金という考え方はまだ広まって間もないですが、今後さらに普及するとされています。