取り扱う商品が異なる

株式

投資信託は証券会社を通じて購入する商品ですが、店舗型証券会社とネット証券を比較すると初心者、ベテランともにネット証券の手軽さに軍配があがります。手数料の安さと取引のしやすさにおいて店舗型よりメリットが多いのです。

詳しく見る

セルフ年金の考え方

グラフ

私設年金という考え方は今の年金というシステムのリスクを分散させるための考え方で、非常に重要になってきます。私設年金を行なうことで貰えない状況になっても安心出来ます。

詳しく見る

リスク分散の手段

紙幣

純金積立は、資産のリスク分散のために最適な金融商品です。破たんリスクやインフレリスクに対応することができます。毎月一定の金額の純金を購入することができますが、純金価格の安い日にはスポット購入ができます。

詳しく見る

初心者でも安心

株式

投資信託はプロのファンドマネージャーに運用を委託するので、資産運用の初心者におすすめであると考えられます。投資信託を利用する際には、事前にしっかりと証券会社を比較検討しましょう。

詳しく見る

少額から始められる

マンション

リートとは、多数の投資家から資金を集めて不動産投資を行なう投資信託のことをいいます。少額から始めることができる不動産投資としての人気が近年高まっている商品として知られています。

詳しく見る

プロにおまかせ

お財布

資産運用について、ご自身で運用するのが不安であれば、投資信託の利用を考えることをおすすめします。証券会社にはさまざまな商品が販売されており、そのどれもがプロのファンドマネージャーが運用するので安心です。

詳しく見る

事前に正しい知識を

グラフ

初心者が資産運用で上手に収益をあげるためには、実際に投資を始める前にセミナーなどで投資に関する正しい知識を身につけることが大切です。投資が成功すると、安定した収入を確保することができるようになります。

詳しく見る

投資に関する顧問とは

男性

投資顧問会社とは株式や投資信託、債権などについて投資の判断を行う会社です。これにはアドバイスだけ行う助言業務と委託契約まで結んで一任業務を行う場合とがあります。資産を預かるものでこれを行うには内閣総理大臣への登録と許可が必要となっています。

詳しく見る

分析する力を身に付けよう

株式

正しい株式投資を行うためには、セミナーに参加しファンダメンタルズ分析を身に付ける必要があります。ファンダメンタルズ分析を身に付けることで、株式を割安で購入できるようになります。また、ビジネススキルとしても有効なため、本業の収入アップも期待できます。

詳しく見る

株式市場の活性化を担う

紙幣

インベスター・ネットワークス株式会社は企業にとっても投資家にとっても欠かせない存在となっています。株式市場は両社のバランスが取れた状態で成り立っています。インベスター・ネットワークス株式会社はそれぞれの立場でほしい情報を手に入れることができるサービスを展開しているのです。

詳しく見る

予測せずに儲けるために

グラフ

利益を出している投資家は、多くがチャートを利用した株の儲け方をしています。過去の値動きからパターンを読んだり、あるいは移動平均線を支持線や抵抗線にしている銘柄を探しています。そしてパターンから外れる動きには冷静に対処することが大切です。

詳しく見る

ネット証券がオススメ

スーツの人

手数料が収入源の商品

投資信託を扱っている会社はたくさんあります。銀行や証券会社など昔から扱っている会社や最近ではネット証券も登場しています。投資信託を購入する際に注意しなければならないのは、今後の成長性があるかどうかです。投資会社が代わりに運用してくれる投資信託が今後成長性があるのかどうかを判断するのは個人では困難です。そのため証券会社や銀行では、アドバイザーがおすすめしてくれますが、これが必ずしも運用実績を伸ばしている商品をすすめてくれるとは限らないのです。営業マンは手数料収入がすべてです。したがって取引回数を多くすることに力を入れているため、お客様が儲けようが損しようがあまり関係ないのです。したがって営業マンだけの意見に振り回されないように注意する必要があります。

知識も身に着けられる

ネット証券会社の特徴は手数料が安く済むことが特徴です。営業マンが常備する証券会社や銀行では手数料が高く設定されています。その手数料が安く済むためネット証券はおすすめなのです。ネット証券ではノーロードと呼ばれる手数料無料の商品も多数出しています。人件費がかからない分コストを安く抑えることができるのです。しかし、投資信託の商品選びは個人にゆだねられるため、今後の運用などは自分で自己管理する責任も生じます。人任せにするより自分で勉強していくほうが身につくこともネット証券のおすすめポイントです。自分で判断する力があれば、銀行や証券会社での営業マンの言いなりにならなくて済むからです。投資信託を始めるのであればネット証券の口座開設がおすすめです。